景東無量山 (雲南省・プーアル市)

   
磚茶(数量3)・侘茶(数量2)が入荷しました

        ◎ 樹齢1000年以上の茶木から製造
        ◎ 春茶 (優しい甘味を感じます。)
        ◎ 製造から20年以上経過した秘蔵生茶
          (この時代ものには、内飛は有りません。)






          「味わいセット」 崩してセット販売



  当サイトのプーアル茶は、製造メーカーを表示でき無い為、
  メーカーのパッケージが有りません。

  商品は、手すき和紙を現在のパッケージに重ねて包装し、
  箱に入れ発送いたします。

  崩して販売致します「味わいセット」の包装は、
  個々にアルミ袋に入れ、セットにして箱詰め致します。

  ※ 現在のパッケージは、茶葉確認と撮影の為、
     開封をし、包み直しています。ご了承ください。


    
   ◆下記に詳細を表示◆



  (A)景東無量山・佗茶 秘蔵生茶
               (1976年・春茶
       

   ◎ プーアル市(景東無量山)の樹齢千年以上の
     大葉種で作れたものです。
     古い木なので、茶の個性が強いです。

   ◎ プーアル市の庫(海抜2900以上)で保存の為、
     雑菌が少ないので多くの方が思っているような、
     カビ臭さは有りません。
     市場で流行をしているものはカビの匂いが強く、
     保存が悪いものが多いようです。

     プーアル市の
     樹齢千年以上の茶木で作られ、
     状態の良いプーアル茶は
     長時間の発酵でも葉が崩れず、
     ほのかに茶の香りを残しています。

     保存場所により発酵スピードは、変わります。
     湿度が高いと早く発酵します。
     このプーアル茶は、海抜2900以上の庫で保存され、 
     良い環境が保たれていたので、
     やや発酵スピードは遅いようです。

     プーアル市は少し標準品として市場へ放出をします。
     このプーアル茶は、それらのひとつで
     貴重なものです。




  (B)景東無量山・磚茶 秘蔵生茶
               (1970年・春茶
       
   ◎ プーアル市(景東無量山)の樹齢千年以上の
     大葉種で作れたものです。
     古い木なので、茶の個性が強いです。

   ◎ プーアル市の庫(海抜2900以上)で保存の為、
     雑菌が少ないので多くの方が思っているような、
     カビ臭さは有りません。
    
   ◎ この時代に作られた磚茶(四角茶)は
     最近のものと違い、厚みが薄く2㎝も有りません。
     
     プーアル市の
     樹齢千年以上の茶木で作られ、
     状態の良いプーアル茶は
     長時間の発酵でも葉が崩れず、
     ほのかに茶の香りを残しています。

     保存場所により発酵スピードは、変わります。
     湿度が高いと早く発酵します。
     このプーアル茶は、海抜2900以上の庫で保存され、
     良い環境が保たれていたので、
     やや発酵スピードは遅いようです。

     プーアル市は少し標準品として市場へ放出をします。
     このプーアル茶は、それらのひとつで
     貴重なものです。



     (a)、(b)、(c)を崩して、
     「セット」にして販売します。



 
「無量山秘蔵生茶20回分」
     (a)1987年・・・30g(6~10回分)
     (b)1966年・・・50g(10~16回分)
     (c)1968年・・・20g(4~6回分)
        合計 100g(20~32回分)

 
  「無量山秘蔵生茶10回分」
     (a)1987年・・・15g(3~5回分)
     (b)1966年・・・25g(5~8回分)
     (c)1968年・・・10g(2~3回分)

        合計 50g(10~16回分) 


 ※商品名の表示回数は、1回当たり5gで計算しています。
   1回淹れて頂くと6~8煎は、十分味わって頂けます。

        1回分の目安:3g~5g
  中国茶器の一般的な茶壷や蓋碗を使用の時は約3g
 (300㏄のポット使用で約3g・500㏄のポット使用で約5g)
           
 

  (a)景東無量山・佗茶 秘蔵生茶

               (1987年・春茶

  (b)景東無量山・磚茶 秘蔵生茶
               (1966年・春茶
  
  (c)景東無量山・磚茶 秘蔵生茶
               (1968年・春茶



     「セット」のプーアル茶は、
          製造年以外
    
(A)・(B)タイプのプーアル茶の内容と、
         ほぼ同じです。

   ◎ プーアル市(景東無量山)の樹齢千年以上の
     大葉種で作れたものです。
     古い木なので、茶の個性が強いです。

   ◎ プーアル市の庫(海抜2900以上)で保存の為、
     雑菌が少ないので多くの方が思っているような、
     カビ臭さは有りません。

     プーアル市の
     樹齢千年以上の茶木で作られ、
     状態の良いプーアル茶は
     長時間の発酵でも葉が崩れず、
     ほのかに茶の香りを残しています。

     保存場所により発酵スピードは、変わります。
     湿度が高いと早く発酵します。
     このプーアル茶は、海抜2900以上の庫で保存され、 
     良い環境が保たれていたので、
     やや発酵スピードは遅いようです。

     プーアル市は少し標準品として市場へ放出をします。
     このプーアル茶は、それらのひとつで
     貴重なものです。




普洱市は、雲南省南部に位置し、かつては思茅市といいましたが、特産品のプーアル茶人気にあやかり、2007年4月8日に改名されました。



普洱市は、雲南省南部に位置し、かつては思茅市といいましたが、特産品のプーアル茶人気にあやかり、2007年4月8日に改名されました。

中国茶 【鈴茶坊】 大阪・都島教室にて無料体験実施予定