紅茶 [全発酵(ぜんはんはっこう)]

  お湯の温度・・・100℃で淹れると良い。
  最適な茶器・・・磁器(白い方が良い) 

  
中国茶には「体を温める効果」や「体を冷ます効果」があると言われています。体を冷ます効果がある発酵度が低い夏向きのお茶。体を温める果がある発酵度が高い冬向きのお茶。
 英国の紅茶のルーツ、中国紅茶
その楽しみかたは、まったく違います。
英国の紅茶は、ブレンドしたり、砂糖やミルクを使ったり・・・
中国紅茶は、そのままストレートでいただきます
 祁門紅茶 (安徽省)
 ダージリン、バウと並ぶ世界三大紅茶の一つです。
 蘭の花に似た香りがあり、その香りは祁門香と呼ばれる。
 水色は、鮮やかな紅色です。
 一芯一葉から一芯三葉程度で摘みます。
 等級が高いものは、小さなリーフ状態ものが多く、生産量が少ない。

 
 九曲紅梅 (浙江省)
 黒いツヤのある繊細な茶葉は、それぞれに曲がって絡み
 「九曲」の名のもとになっています。
 「紅梅」は、香りと水色が紅梅のようであったからだそうです
 甘く香り、深みはあるがさっぱりした味。
 水色は、鮮やかな紅色です。
 正山小種 (福建省)
 ヨーロッパでは「ラプサンスーチョン」と呼ばれています。
 松の木を燃やし、燻焙するのが特徴。
 クセのある独特の味と香りです。
 葉は、黒ずみ、水色は、明るい紅色です。